2018年12月24日月曜日

移動用-2 ミニ サテライト アンテナ ローテーター AMSAT

AZ ELロテーター
部品と概要

ミニ サテライト アンテナ ローテーターを作ってみた。VKのSchool Amateur Radio Clubs Networkからの資料をもとに作る。

AZ ELローテーター:
 Arduino Pro Micro、L298N(モータードライバー)、SLM3030DLHC(3軸センサー)、12V DC 0.6rpmギヤモーター2個、
ABSまたはポリカーボネードの箱。

コントロール用プラットホーム:
win10, Pi3B, MAC, Ubuntusが使えます。
コントロール用プラットホームに載せるソフトウエアーは衛星追跡ソフトGrpedict 2.2.1とリグ、ロータ用にHamlib .3.3を使います。

このローテータの最大の特徴は3軸センサーで方位、エレベーションを検出して衛星軌道に合わせます、衛星の軌道はGpredict行いHamlinのローターID プロトコルを使いローターに指示します、ローターはGprepicd/Hamlibからのデータと自分の方位、エレベージョンを3軸センサーから得て衛星の方向にAZモータ、ELモーターを駆動します。

衛星追跡ソフトGrpedict 2.2.1は基本Unixベース開発されているのでPi,Ubuntusの相性はいい。MACにはMac Port+XQuartzと組み合わせで動作しました。Win10はHamlibとGprepicd間のTCPI通信が不安定でうまく動作しません現在考え中??
Pi,Ubuntus, MACでは問題なく動きます。
http://www.sarcnet.org/projects.html#Mini_Satellite-Antenna_Rotator_Mk_1

Gpredict2.2.1 FO 29トラッキング  Pi3B

このローターのコストは約5000円~6000円程度です。
搭載可能なアンテナのサイズ:
ダイヤモンド A1430S7(70cm 5ele 2m 3ele)
ナガラ Do-28
Arrow Antenna 146 437(70cm 10ele 2m 3ele)
ELK Antenna  2m 440Mhz
などです。


ダイヤモンドのA1430S7

実際に使ったのはA1430S7

下の動画は北(0,0)-->(方位30度 エレベーション45度)
-->北に戻る テストです。
次の動画はSO-50を追跡中の動画です。(途中のみ)


















2018年12月23日日曜日

Raspberry Pi3 with GNSSを使い時間同期 

Raspberry Pi3 with GNSSを使い時間同期
  • 1–32: GPS アメリカ
  • 33–54: Various SBAS systems (EGNOS, WAAS, SDCM, GAGAN, MSAS) – some IDs still unused
  • 55–64: not used (might be assigned to further SBAS systems)
  • 65–88: GLONASS ロシア
  • 89–96: GLONASS (future extensions?) ロシア
  • 97–192: not used
  • 193–195: QZSS 日本
  • 196–200: QZSS (future extensions?)
  • 201–235: Beidou
現在使っているGNSSはGPS,GLONASS, QZSS ,中国も受信可能なものです。
絵の中の左はxgps 右はcgpsです。
xgpsはQZSS,GRONASS,GPSを受信できます。EUのも可能。
cgpsはアメリカのGPSしか表示(受信)しません。
使っているGNSSディバイスはLocoSysの物です。

GPS GRONAS QZSS



Raspberry Pi3 WSJT-X 2.0 GridTraker CQRLOGを動作確認 JTDX 18.1.105ev

WSJT- 2.0 CQRLOG Gridtracker
Pi3で 問題なくWSJT-X2.0, CQRLOG GridTrakerは問題なく動く。

CQRLOGはWSJT-X アグリゲーターを利用して自信のDBからQSO済みか確認できます。

CQRLOGからはLoTW,eQSLcc, HAMQTH,QRZ.comへ」uploadとLook upができます。
インターネットにPi,Mac, Ubuntuが接続されていれば、時間同期プロトコルを使う時win10のように別ソフトを使う必要はない。
GPSを使うのであれば xgps、cgpsを即使えるにで時間同期は簡単にできる。


JTDC 18.1.106 Evaluation versions only

JTDX 18.1.106 Evを入れる。



2018年12月22日土曜日

Fldigi, WSJT-X2.0, JS8Call, MSHV, GridiTracker,,,,,,,などUpdateで思うこと。

pi zeroでWSJT-X 2.0 CatもOK
年末はディジタルモードのソフトウエアーアップデード...
12月になってWIn10を使わなくなりました、理由はインターネット接続直後マイクロソフトが余計なことをする、勝手にアップデートするな、ディバイスドライバー、サウンドカードI/Fの再設定なで トラブルになる回数が増える。
JT-Alert, WSJT-X, Log4OM, GridTrakerをWin10で動かすとLogDBが増えすぎでシステムリソースを使いすぎる。

メインはMACと Pi3B+ ,PI3になる。Fldigi,WSJT-X2.0,JTDX, JT-Bridge(MAC),GridTracker, RumLOGNG(MAC), CQRLog(Pi)にしてあります。
サテライトラキング ソフトはGpredict(Mac ,PI), MacDopper(MAC)

Fldigiはそのまま大きなリリースはないが、HF FAX , PSKで使用中。
WSJT-X,JTDXもFT-8が77bitにアップデート。

MAC,Pi, Ubunts(Linux)ではデジタルモードソフトウエアーとログソフト(RUMlogNG, CQRLOG)はTCPIPで通信している、またJT-Bridge,GridtackerもUDPで通信しているので設定等は非常に楽です。LoTW,eQSLcc,HamQTH, QRZ.comに自動アップロードできます。

Raspberry Pi 3B & Pi 3B+は16Gまたは32G MicroSD でFldigi,Flrig,WSJT-X,JTDX, CQRLOG, GridTrckerは問題なく動作しまし。Raspberry Pi最大のメリットは省エネです。


MSHV ver. 2.04 // ver 2.06(win Linux)
http://www.frenning.dk/OZ1PIF_HOMEPAGE/MSHV-Download.html
MSHVの77bitはver 2.04以上で。。

JT-Bridge 3.0.1  MAC
https://jt-bridge.eller.nu

GridTracker v1.18.1220 Win10, MAC, armhf(Pi), Linux
https://tagloomis.com

Hamlib 3.3
https://sourceforge.net/projects/hamlib/files/hamlib/

Gpredict  Sat Traker (rigctl , roterclt)
http://gpredict.oz9aec.net

RUMLogNG  MAC
http://www.dl2rum.de/rumsoft/RUMLog.html

CQRLOG
https://www.cqrlog.com


2018年12月10日月曜日

移動用-1 ミニ サテライト アンテナ ローテーター AMSAT

移動用 サテライト ローテーター(AZ,EL)    AZ=0 EL=0 --> AZ=30 EL=45 -->  AZ=0 EL=0
移動用−2に詳細
https://psksdr.blogspot.com/2018/12/blog-post.html
 
SO-50のトラッキングテスト 5°ステップで動かす。 https://vimeo.com/fin42/review/305414557/9d65fdaa29

2018年11月29日木曜日

430Mhzの移動用ビームアンテナの使い勝手。

移動先

430Mhzの移動用ビームアンテナの使い勝手。

5エレはナガラのスペース5*2の残骸。







*ダイヤモンド10エレはブーム2分割してあります。
*組み立て、撤収が楽なのは3エレ、5エレ。
*一番軽いのは4エレループ。
*10エレと4エレループは組み立てが少し面倒。慣れればいいが。
*受信、送信がいいのはどれか?? 標高が1000m以上であればどれでもいいです。
 3、4エレはCQ時5W  QSO中は1W~2W.
 5、10エレは2W~1W.
*ダンプカーに対抗するのであれば4エレ以上がいいです。10エレは最高です。
 4エレループはサイドがよく切れます。5エレ残骸もいいです。


山歩き中に1時間程度QRVであれが3エレ八木、5エレ八木がいいかと思います、組み立て撤収が楽。

パキング・展開
比較





2018年11月28日水曜日

栃木県太田原市御亭山 500mから430Mhz FMでQRV 12時頃から

御亭山
 昨日(11/27)栃木県太田原市御亭山 500mから430Mhz FMでQRV 12時頃から
6局とQSO..  おにぎり食べながら!!
 アンテナはナガラの430スペース 5*2スタック残骸の5エレ、ヘアピン
マッチを改造でして シングルで使えるように。
丹沢の木ノ又小屋 登山中のJS3UUU/1QSOできました。御亭山から役180Km
Locator: QM06BU93 

丹沢 木ノ又小屋 1360m付近

Locator: PM95OK08






山頂
筑波山方面
西寄り
ナガラの5エレ改装
180km程度

2018年11月26日月曜日

サテライト トラッカーの部品が届く

部品が1部届く、6mmシャフトフランジ、3軸センサー。
まだギヤードDCモーターがまだ、、来月初めのかな。。
シャフトフランジ 
DCモーターコントローラー

Rogue NASA   NASAは温暖化の警告をしてるが。。。
LED ライト
ローグNASA



2018年11月23日金曜日

デジモード ソフトウエアー Digi mode software

Fldigi 4.0.18 安定してMAC, WIN動作確認済み
https://sourceforge.net/projects/fldigi/files/fldigi/

JS8Call by KN4CRD
JS8Callの最新version 0.9.0
Web site :   http://js8call.com/
Win 10, Linux , PI ,MACで動作した。

MSHV
web site :  http://lz2hv.org/
最新はMSHV version 2.03

Linux down load web site: 動作確認した。
http://www.frenning.dk/OZ1PIF_HOMEPAGE/MSHV-Download.html

JTDX
https://www.jtdx.tech/en/
JTDX 18.1.100のMAC, PI,Linux(Ubuntu)で問題なく動作した。


WSJT-X 2.0 rc4  1.9.1は MAC PI , Linuxで問題ない。
2.0 rc3 MACハングで使えない rc4はこれからテスト


デジモードソフトウエアーとログソフトの組み合わせ。
WINではLog4OMを使っている、UIがいいのとeQSL,LoTW, QRZ.com.HAMQTHに自動アップろーどができる。WSJT-X, JTDX, Fldigi。
MACではRUMlogNGを使っている。eQSL,LoTW,QRZ.com, HAMQTH に自動アップろーどができる。 Fldigi, WSJT-X, JTDX, 
Pi/ UbuntuはCQRLOGの組み合わせです。

GridTrackerはWSJT-XとJTDXで動きます。プラッホームは
WIN,MAC ,Pi / Ubuntu

CQRLOG  Linux/Piで動きます.

JTAlertは捨てました 理由はLog DBが3つ(WSJT-X/JTDXのDB、LOGソフトのDB、JTAlertのDB)になりディスク領域を使う、JTAlertはCPUパワーを使う、RUMlogNG,CQRLOGはQSOしたかわかる。
以前QSOしてもQSO  OK、2、3回  QSO局でも 呼ばれたら応答する。

最近のFldigi(xlm),JTDX,WSJT-X,JS8CallはTCPIPベースでログソフトと通信してロギングしています。またその通信(ログ)データーはADIFをつかのが標準なっています。
HAMQTH, eQSLcc, LoTW, QRZ.へのアップロードも自動化されています。
127.0.0.1 Port# 2237とか、、、マルチキャストUDPがちゃんとサポートしているログソフトはCQRLOGRUMlogNGぐらいです。

2018年11月21日水曜日

JTDX 18.1.100 MACでテスト中 安定している。

JTDX v18.1.100 MAC
JTDX V18.1.100 MACで動作確認中 WSPR....
夕方はVK-2E0までロングパス。

2018年11月20日火曜日

サテラトアンテナ ローテーターMini Satellite-Antenna Rotator Mk 1 - Arduino light duty Step1

ArduinoPro micro 3軸センサー、12V CDモーターコントローラー
VKのSchool Amateur Radio Clubsからプロジェクトです。
AMSATトラキングシステム。

これはMini Satellite-Antenna Rotator Mk 1 - Arduino light dutyで軽量アンテナ用です。

Arduino, DCモーターコントローラ、3軸線、2この12vDCモータを使います。

絵はArduino, DCモーターコントローラ、3軸線を組み上げ
ソフトウエアーをいれをキャリブレーションが終わってところです。
ブレットボード
キャリブレーション
まだDC12V 0.6rpm キャードモーターこないのでテストはここまで。
70cm 5エレ、2m 4エレぐらの重さに耐えるようです。
3軸センサーを使う理由はAZのELを検知するためです、キャリブレーションではE139.8の経度セットしておきます。 Gprdictソフトで自局の緯度経度も設定されいるのでArduinoがに衛星軌道データを送りArduinoがAZのELモーターを制御する。
Predict

テライトそふとはGpredictを使います左絵。  Gpredictはwin10, MAC, Ubuntu,Pi3でどう動作しましす。。リグとローターコントロールにHamlibをインストールする必要があります、Win10にHamlibをインストールできません?? C++等の開発環境がないと。。。 MAC, Ubuntu,Pi3では問題なくHamlibをインストールできます。

絵はPi3bでRX リグの制御中です。

Step2ではモーター+コントローラーのくみあわせになります。 部品待ち!!

 




10m WSPR 11/20・・コンデション

10m WSPR
今日の(11/20)10m WSPRから5w ,10wで信号が届いています。 FT8でも日中はQSOできるでしょう。

2018年11月6日火曜日

双子山から430Mhz QRV(長野県大河原峠->双子山

 
昨日(11/5)は大河原峠の双子山から1時間程度 430Mhz FMでQRVしました。
双子山は峠から30分程度で標高2200m、晴れ、南西から北西の風7,8m/sec.
朝の気温は10度以下 寒い!!
山頂は風が強いので50m程度離れた木のあるところから。。
アンテナは3エレ八木、4エレループ、5エレ八木準備、駐車場でどれにするか迷う、、
この日の気象条件。季節を考慮すると一番早く簡単に設置できる3エレ八木決定。
ハイキング、トレッキングを兼ねて無線をやる時のアンテナは設置、撤収が短時間
にできるアンテナがいいです。
都内荒川区とQSOできました、レポートは55, 私からは59
午前10時前後ごろから4局と交信して終了。



山頂

山頂1


 

山頂3
JAZSAが建設中






2018年10月30日火曜日

Kenwood TH-K20でISS SSTV を受信する。

ISS SSTV 1
先週末のISS SSTVイベント。
今回はKenwood TH-K20を使って受信してみました。SignaLink USBにKenwood ハンディー用ケーブルを使いました。
アンテナはQFH.
2mのGPで可能です。Win PCであればMMSSTVを使います。

今回はMACを使いました。
Mac Mini  ,BlackCat SSTV, Mac Dopper.

BlackCat SSTVはUIがシンプルなのでMMSSTVより使いやす、設定も楽にできます。
AMSATをやるときSQLのON/OFFをよく使います、Kenwood TH-K20/40 TH-D74はQSLの操作性がいいらくできます。TH-K20/40はQSL ON /OFFは3操作また2操作。 TH-D74は4操作。

ISSからの信号は最大でS9オーバで入ります。
ISS SSTV 2

TH-K20  SignaLink USB



QFH

Black Cat SSTV, Mac Doppler





PASS

2018年10月24日水曜日

ISS SSTV イベントが今週末にあります。 ISS SSTV event from Oct27

ISS SSTV イベントが今週末にあります。
JST 10/27 19:00 ~ 10/30 04:30
周波数: 145.800 MHz  FM
SSTV mode :PD-120 SSTV

------------------------------------------
Amateur Radio On The International Space Station (ARISS) is planning a very special Slow Scan TV event currently scheduled to start Saturday, October 27th about 10:00 UTC.  Transmissions are scheduled to continue until around 19:30 UTC on October 29th. Helping to support the event will be NASA’s Space, Communication and Navigation (SCaN) Department.

More info
https://www.amsat.org/ariss-joins-nasa-on-the-air-for-a-special-sstv-event-october-27-29/

以下はISSが東京を通過するパスです。
赤文字はGPでも受信できる可能性があります。
確実なパスは
10/28 04:35  エレベーション 81度
10/28 11:05  エレベーション 27度
10/29 03:43  エレベーション 36度
10/29 11:08  エレベーション 55度
10/30 04:28  エレベーション 36度

MacDoppler Predictions: ISS
Kep Set: 902
Times: Local Time
Location: Tokyo Japan
Latitude: 35.7467 Degrees
Longitude: 139.8290 Degrees
Elevation: 4.0 Meters
Run on: 2018/10/24 08:22:41 GMT+9

      Date       Time           Azimuth   Elevation     Downlink      Uplink
      ----------------------------------------------------------------------

Rise: 2018/10/28 03:01:36         165.5         0.0    145.80218   144.48784
Max:  2018/10/28 03:05:07         123.4         5.7    145.79995   144.49005
Set:  2018/10/28 03:08:38          81.9         0.0    145.79778   144.49220

Rise: 2018/10/28 04:35:41         225.0         0.1    145.80337   144.48666
Max:  2018/10/28 04:41:01         127.5        81.6    145.79991   144.49009
Set:  2018/10/28 04:46:24          49.4         0.0    145.79664   144.49333

Rise: 2018/10/28 06:13:12         273.3         0.1    145.80283   144.48719
Max:  2018/10/28 06:17:52         334.2        13.9    145.79997   144.49003
Set:  2018/10/28 06:22:34          34.8         0.0    145.79717   144.49281

Rise: 2018/10/28 07:52:10         313.6         0.0    145.80203   144.48798
Max:  2018/10/28 07:55:39         354.3         5.0    145.79998   144.49002
Set:  2018/10/28 07:59:08          34.7         0.0    145.79796   144.49202

Rise: 2018/10/28 09:29:43         327.9         0.0    145.80233   144.48769
Max:  2018/10/28 09:33:41          15.5         7.2    145.79999   144.49001
Set:  2018/10/28 09:37:37          62.5         0.0    145.79767   144.49231

Rise: 2018/10/28 11:05:53         320.2         0.0    145.80317   144.48686
Max:  2018/10/28 11:11:06          34.4        27.2    145.79998   144.49002
Set:  2018/10/28 11:16:15         107.6         0.0    145.79682   144.49315

Rise: 2018/10/28 12:42:25         300.1         0.0    145.80319   144.48684
Max:  2018/10/28 12:47:32         228.7        25.5    145.79999   144.49001
Set:  2018/10/28 12:52:35         157.9         0.0    145.79682   144.49315

Rise: 2018/10/29 02:12:48         125.7         0.0    145.80027   144.48973
Max:  2018/10/29 02:13:19         120.0         0.1    145.79995   144.49005
Set:  2018/10/29 02:13:49         114.6         0.0    145.79966   144.49034

Rise: 2018/10/29 03:43:47         209.6         0.1    145.80328   144.48675
Max:  2018/10/29 03:48:58         131.7        36.0    145.79994   144.49006
Set:  2018/10/29 03:54:12          56.1         0.0    145.79671   144.49326

Rise: 2018/10/29 05:20:31         259.3         0.0    145.80308   144.48695
Max:  2018/10/29 05:25:32         329.1        21.3    145.79996   144.49004
Set:  2018/10/29 05:30:35          38.0         0.0    145.79692   144.49305

Rise: 2018/10/29 06:59:18         303.3         0.0    145.80221   144.48781
Max:  2018/10/29 07:03:04         348.1         6.2    145.79997   144.49002
Set:  2018/10/29 07:06:49          32.4         0.0    145.79778   144.49220

Rise: 2018/10/29 08:37:31         326.9         0.0    145.80211   144.48791
Max:  2018/10/29 08:41:08           9.3         5.5    145.79998   144.49002
Set:  2018/10/29 08:44:43          51.3         0.0    145.79789   144.49209

Rise: 2018/10/29 10:13:53         323.9         0.0    145.80295   144.48707
Max:  2018/10/29 10:18:47          29.1        17.0    145.79999   144.49001
Set:  2018/10/29 10:23:38          93.5         0.0    145.79704   144.49293

Rise: 2018/10/29 11:50:08         307.6         0.0    145.80334   144.48669
Max:  2018/10/29 11:55:31         223.1        55.4    145.79994   144.49006
Set:  2018/10/29 12:00:49         142.1         0.0    145.79666   144.49331

Rise: 2018/10/29 13:28:33         268.8         0.0    145.80171   144.48831
Max:  2018/10/29 13:31:18         237.6         2.9    145.80001   144.48999
Set:  2018/10/29 13:34:01         206.7         0.0    145.79834   144.49165

Rise: 2018/10/30 02:52:11         193.0         0.0    145.80301   144.48701
Max:  2018/10/30 02:56:58         128.3        17.5    145.79995   144.49005
Set:  2018/10/30 03:01:47          64.7         0.0    145.79697   144.49300

Rise: 2018/10/30 04:28:00         245.1         0.1    145.80327   144.48676
Max:  2018/10/30 04:33:14         324.2        36.6    145.79996   144.49004
Set:  2018/10/30 04:38:32          42.1         0.0    145.79674   144.49323


2018年10月23日火曜日

MACでTS-590G / RSP2 バンドスコープ

MACでTS-590G / RSP2 バンドスコープ
TS-590G + RSP2 + CubSDR + WSJT-X + JT-Bridge + RumLogNG
ソフトウエアーのCubSDRはCATをサポートしているのでTS-590Gをコントロールできます。
WSJT-XからもTS-590G/RSP2(CubSDR)を制御できます。
CubSDRはRIGコントロールモードを即切り替えらえます。
1)RIGに従うモード(片方向)
2)RiGを制御するモード(片方向)
3)RIG双方向モード
4)RIG制御OFF
5)RSP2のLOをRigの周波数にする。
Winのシリアルポートエミュレータ、OmniRigの様なソフトは必要なしです。

WSJT−XはTS-590GのcodecをIN/OUTを使います。
JT-BridgeはWinのJTAlertと同じような機能。
RumLogNGログソフトで日本語入力可能。
WSJT-X/Fldigi , JTBridge, RumLogNG, GridTracker等はマルチキャストUDPで通信しています。
LoopBackというソフトを使えばCubSDRのオーデイオをデジモードソフトに送れます(ヴァーチャルオーディケーブル)。

MAC/Linuxは/Pi3 Linuxはシリコンラボ、FTDIのシリアルブリッジを自動認識します。


TS-590G RSP2 CubSDR






2018年10月22日月曜日

MAC WJT-X 2.0 rc3 Subprocess fail // サブプロセス フェイルで異常終了

MAC WSJT-X 2.0 rc 3はサブプロセス フェイルで終了。 2.0 rc 3は使えません。
rc2は問題なく動いていた。2.0 rc3は捨てる。
OSX 10.14
WSJT-X 2.0 rc3


2018年10月15日月曜日

本栖湖 キャンプ 10/13~10/14

石焼き芋

10/13~10/14本栖湖キャンプ 天気は曇りのち雨。無線機は持っていたっが雨に予想なので無線なし。
石焼き芋、くり、熱燗は寒いのでいい塩梅でした。










くり
















竜ヶ岳 登山口

竜ヶ岳の登山口まで行ってみた 先日の台風で倒木が多かった。
















 
 


友人の新しタープ
熱燗