2018年7月18日水曜日

IC-7300とTS-590GSの比較。

IC-7300とTS-590GSの比較。 無線機をPCと連動するのであればSDRをTS-580Gに接続して大きな画面でスペクトラム、ウオーターホールを表示した方がいい。 TS-590Gにはスプリッターがある。

2018年7月17日火曜日

FT8Call を UbuntuとWin10にいれてPC-PCで試す。

FT8callはチャットができるモードです。操作はFldigi, MMTTYのマクロボタンを押すか メッセージボックに書き込んだメッセージを送れます、マクロ定義メッセージも可能。

13文字超えた場合は連続送信です。試しで50文字は5回連続送信です。
よってFT8callのQSOはODD EVENは無視、関係ない。 
PSK,RTTY,Oliviaと同様なQSOスタイルです。
送信タイミングは15秒間隔、メッセージの内容を読んで応答、またはボタン操作で応答です。  自動シーケンスはないです、、当たり前ですが。FT8Callはチャットができるモードです Keyboard to Keyboardです。

通常のFT8 QSOはできます。
ダウンロードは以下です。

Win10



Ubuntu


 





2018年7月15日日曜日

WSJT-X UDPマルチキャスト PC−PC

Win10 and LinuxUbuntu( Grid Traker)
UDP マルチキャストでWin10 WSJT-XからUbuntu Gridtrakerへ。。
マルチキャストでWSJT-XとGridTraker間で通信させる。

Setting:
Win10 WSJT-X :  192.168.0.255:2237
 Ubuntu: Gridtracker 192.168.0.255:2237

Win10 23インチにGridTrakerを表示させるには無理なのでLinux(Ubuntu)で表示。

GridTraker

CQRLOGもマルチキャストをサポートしているのでLoggingもLinux(Ubuntu)側で可能。Pi3BでもOK..

2018年7月13日金曜日

本栖湖から移動運用 (7/27,28,29の3日間)

今年も本栖湖から移動運用 7/27,28,29の3日間。
ウインドサーフィン+キャンプ+無線です。無線は40mか6mそれともFMサテライトです、どのバンドに出るか今のとこ決まっていない。

今年のハムフェアは22才以下、女性は入場無料。。いいんじゃねーの。。

今年のハムフェアは22才以下、女性は入場無料。。いいんじゃねーの。。
と思っていたら インターネット上ではケツの穴が狭い方々がいろいろ言いっていた。

無線をやるにはお金がかかる。。。出るバンドにもよるけど。
ウインドサーフィンと無線どちらが金がかかるか?
初級:ウインドのビギナーは辛い 体力、根性がいる スクール・レンタルで¥6万
         無線 HF なら無線機、アンテナで¥15万, 2m/70cm FMなら¥2万以下。

中級:ボード、セイルで¥20(新品) それから壊すので修理代。
   DXやりたCW? SSB? Digital ? PCも必要かな。アンテナの強化は住んでいるところ次第でお金が必要。測定器。。 アンテナは壊れるの修理、交換、追加?? 無線機追加? 

上級:ボードが増える、セイルも増えるので¥30万。
   無線 無線機交換か追加 ¥20万以上 周辺機器、測定器。
  
無線はJARL会費、QRZ.com, HamQTH, eQSlccいろいろ年間費用がかかる。ソフトウエアー購入。電気代(パワーで大きく変わる)。
ウンドサーフィンは壊さなくなるとセイルの交換がり3〜4年に1回(4万)、交通費。

どちらお金がかかるか? 無線の方がお金がかかる、QRPに移行すれば費用は減少するがそれまで技術を習得しないとね、、このQRP技術習得にはそれなりにの経験とお金と時間が必要。ウインドは中級からはそんなにお金はかからない。

危険度:ウインドサーフィンの方が危険です、ウインドサーフィンは自己責任 海洋の気象、自身体力限界、海上ルールなど知らないといけない。無線は山岳移動ではウインドサーフィンと同じように危険。

健康にいいのはどちらか? ウインドサーフィン、無線はフィールド移動(自分で歩く)。
社山
本栖湖




2018年7月9日月曜日

AO-92には接近中だけど次のパス / FT8 40mはにぎやかです

AO-92は次のパス、40M FT8はにぎやか
AO-92には接近中だけど次のパスQSOにいい塩梅です。FT8 40mはにぎやかです アンテナがない。









40m GridTracker   AO-92にはJST 21:52  エレベーション50度 ハンディーホイップ、GPでいける角度です。
GridRacker 40m FT8 
Sat Tracker


AO-92 縦軸エレベーション、横軸 時間


2018年7月8日日曜日

2018 7/8 6m and Downに参加。

2018 7/8 6m and Downに参加。
RumLogNG
RUMlogNGを使うコントストモードある。
CATを使っている。バンドマップ(左)を操作すればVFOも動く、無線機側からもOK.
日本語入力可能、LotW,eQSlcc,HamQTH,QRZ.com参照uploadもできる。Fldigi,WSJT-Xと連動可能。




午前中宮古島とコンタクできました。
午後はJA8が強くはいるが5Wは無理か QRMのなか。。なんとか北海道とできる。 
アンテナはEFHW垂直なので 今ひとつよろしくない。水平ならOKかも。

関東から宮古島、北海道をコールする局はHが多い、、、Pはパイルアップ避ければとどく。10m,12mも同じです。

6m EFHW

6m EFHWアンテナ 
水平偏波のDP(電流給電)、電圧給電のEFHW…どちらも1/2λのエレメント長約3m。
都会で水平に3mあげるのは難しい、ならば垂直1/4λもいいかがラジアルが。。。。
EFHWアンテナであればベランダから3m垂直はどうか? または斜め、水平に。。。

上州屋で4mぐらいのグラスファイバー釣竿で。