2018年12月24日月曜日

移動用-2 ミニ サテライト アンテナ ローテーター AMSAT

AZ ELロテーター
部品と概要

ミニ サテライト アンテナ ローテーターを作ってみた。VKのSchool Amateur Radio Clubs Networkからの資料をもとに作る。

AZ ELローテーター:
 Arduino Pro Micro、L298N(モータードライバー)、SLM3030DLHC(3軸センサー)、12V DC 0.6rpmギヤモーター2個、
ABSまたはポリカーボネードの箱。

コントロール用プラットホーム:
win10, Pi3B, MAC, Ubuntusが使えます。
コントロール用プラットホームに載せるソフトウエアーは衛星追跡ソフトGrpedict 2.2.1とリグ、ロータ用にHamlib .3.3を使います。

このローテータの最大の特徴は3軸センサーで方位、エレベーションを検出して衛星軌道に合わせます、衛星の軌道はGpredict行いHamlinのローターID プロトコルを使いローターに指示します、ローターはGprepicd/Hamlibからのデータと自分の方位、エレベージョンを3軸センサーから得て衛星の方向にAZモータ、ELモーターを駆動します。

衛星追跡ソフトGrpedict 2.2.1は基本Unixベース開発されているのでPi,Ubuntusの相性はいい。MACにはMac Port+XQuartzと組み合わせで動作しました。Win10はHamlibとGprepicd間のTCPI通信が不安定でうまく動作しません現在考え中??
Pi,Ubuntus, MACでは問題なく動きます。
http://www.sarcnet.org/projects.html#Mini_Satellite-Antenna_Rotator_Mk_1

Gpredict2.2.1 FO 29トラッキング  Pi3B

このローターのコストは約5000円~6000円程度です。
搭載可能なアンテナのサイズ:
ダイヤモンド A1430S7(70cm 5ele 2m 3ele)
ナガラ Do-28
Arrow Antenna 146 437(70cm 10ele 2m 3ele)
ELK Antenna  2m 440Mhz
などです。


ダイヤモンドのA1430S7

実際に使ったのはA1430S7

下の動画は北(0,0)-->(方位30度 エレベーション45度)
-->北に戻る テストです。
次の動画はSO-50を追跡中の動画です。(途中のみ)


















2018年12月23日日曜日

Raspberry Pi3 with GNSSを使い時間同期 

Raspberry Pi3 with GNSSを使い時間同期
  • 1–32: GPS アメリカ
  • 33–54: Various SBAS systems (EGNOS, WAAS, SDCM, GAGAN, MSAS) – some IDs still unused
  • 55–64: not used (might be assigned to further SBAS systems)
  • 65–88: GLONASS ロシア
  • 89–96: GLONASS (future extensions?) ロシア
  • 97–192: not used
  • 193–195: QZSS 日本
  • 196–200: QZSS (future extensions?)
  • 201–235: Beidou
現在使っているGNSSはGPS,GLONASS, QZSS ,中国も受信可能なものです。
絵の中の左はxgps 右はcgpsです。
xgpsはQZSS,GRONASS,GPSを受信できます。EUのも可能。
cgpsはアメリカのGPSしか表示(受信)しません。
使っているGNSSディバイスはLocoSysの物です。

GPS GRONAS QZSS



Raspberry Pi3 WSJT-X 2.0 GridTraker CQRLOGを動作確認 JTDX 18.1.105ev

WSJT- 2.0 CQRLOG Gridtracker
Pi3で 問題なくWSJT-X2.0, CQRLOG GridTrakerは問題なく動く。

CQRLOGはWSJT-X アグリゲーターを利用して自信のDBからQSO済みか確認できます。

CQRLOGからはLoTW,eQSLcc, HAMQTH,QRZ.comへ」uploadとLook upができます。
インターネットにPi,Mac, Ubuntuが接続されていれば、時間同期プロトコルを使う時win10のように別ソフトを使う必要はない。
GPSを使うのであれば xgps、cgpsを即使えるにで時間同期は簡単にできる。


JTDC 18.1.106 Evaluation versions only

JTDX 18.1.106 Evを入れる。



2018年12月22日土曜日

Fldigi, WSJT-X2.0, JS8Call, MSHV, GridiTracker,,,,,,,などUpdateで思うこと。

pi zeroでWSJT-X 2.0 CatもOK
年末はディジタルモードのソフトウエアーアップデード...
12月になってWIn10を使わなくなりました、理由はインターネット接続直後マイクロソフトが余計なことをする、勝手にアップデートするな、ディバイスドライバー、サウンドカードI/Fの再設定なで トラブルになる回数が増える。
JT-Alert, WSJT-X, Log4OM, GridTrakerをWin10で動かすとLogDBが増えすぎでシステムリソースを使いすぎる。

メインはMACと Pi3B+ ,PI3になる。Fldigi,WSJT-X2.0,JTDX, JT-Bridge(MAC),GridTracker, RumLOGNG(MAC), CQRLog(Pi)にしてあります。
サテライトラキング ソフトはGpredict(Mac ,PI), MacDopper(MAC)

Fldigiはそのまま大きなリリースはないが、HF FAX , PSKで使用中。
WSJT-X,JTDXもFT-8が77bitにアップデート。

MAC,Pi, Ubunts(Linux)ではデジタルモードソフトウエアーとログソフト(RUMlogNG, CQRLOG)はTCPIPで通信している、またJT-Bridge,GridtackerもUDPで通信しているので設定等は非常に楽です。LoTW,eQSLcc,HamQTH, QRZ.comに自動アップロードできます。

Raspberry Pi 3B & Pi 3B+は16Gまたは32G MicroSD でFldigi,Flrig,WSJT-X,JTDX, CQRLOG, GridTrckerは問題なく動作しまし。Raspberry Pi最大のメリットは省エネです。


MSHV ver. 2.04 // ver 2.06(win Linux)
http://www.frenning.dk/OZ1PIF_HOMEPAGE/MSHV-Download.html
MSHVの77bitはver 2.04以上で。。

JT-Bridge 3.0.1  MAC
https://jt-bridge.eller.nu

GridTracker v1.18.1220 Win10, MAC, armhf(Pi), Linux
https://tagloomis.com

Hamlib 3.3
https://sourceforge.net/projects/hamlib/files/hamlib/

Gpredict  Sat Traker (rigctl , roterclt)
http://gpredict.oz9aec.net

RUMLogNG  MAC
http://www.dl2rum.de/rumsoft/RUMLog.html

CQRLOG
https://www.cqrlog.com


2018年12月10日月曜日

移動用-1 ミニ サテライト アンテナ ローテーター AMSAT

移動用 サテライト ローテーター(AZ,EL)    AZ=0 EL=0 --> AZ=30 EL=45 -->  AZ=0 EL=0
移動用−2に詳細
https://psksdr.blogspot.com/2018/12/blog-post.html
 
SO-50のトラッキングテスト 5°ステップで動かす。 https://vimeo.com/fin42/review/305414557/9d65fdaa29